So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

(和訳) 「CPTメンバー、トム・フォックス氏の訃報」 [平和をつくる者]

メノナイトの大野道夫先生から 3月13日に届いた、東部メノナイト大学(Eastern Mennonite University)の Jim Bishop さん発信のメール(3/12 付)を岡本信子さんが翻訳してくださいました。

なお、「正義と平和構築」や「VORP(被害者・加害者の和解プログラム)」関連の講座は、東部メノナイト大学(EMU)だけでなく、北米メノナイト・ブレザレン協議会が運営する、カリフォルニア州のフレズノ・パシフィック大学(FPU)など、北米の幾つかの大学などでも開設されています。

■東部メノナイト大学  Eastern Mennonite University
"Center for Justice and Peacebuilding"
 http://www.emu.edu/cjp/

■フレズノ・パシフィック大学  Fresno Pacific University 
"Center for Peacemaking and Conflict Studies"
http://peace.fresno.edu/mission.php
 http://peace.fresno.edu/

■井草(Peter Pooh)のブログ、ホームページも参照下さい。
★< Peter Pooh の "Good News" >
 http://blog.so-net.ne.jp/peterpooh/

★ VORP(被害者・加害者の和解プログラム)
 http://homepage.mac.com/s_igusa/Menu14.html

★「平和をつくる者」としての活動 "Peacemaking"
 http://homepage.mac.com/s_igusa/Menu27.html

--------------------------------------------------------------------------------------------

先日、井草先生より、MBメールで転送して頂いた下記、東部メノナイト大学のジム・ビショップ氏発信のメールの和訳を送ります。(巻末に原文コピー)
トム・フォックス兄の件は、アメリカのクリスチャンの友人(その兄弟のバージニア州にある実家が、かつてフォックス氏が属していたクリスチャン・コミュニティーから5分の場所にあるとのこと)を通して、様々な情報を頂き、ワシントン・ポスト(AP通信)にも写真付きで掲載されているのを読みました。
お祈りのご参考にして頂ければと思います。
今回も、仕事の合間を縫ってのスピード翻訳です。名称等のカタカナ表記に誤りがあったらお赦し下さい。
訃報の内容だけでも、シェアーできればと思います。

(井草先生の前回のメールより)
■4人のうちの、トム・フォックス(アメリカ人)さんが殺害されたとの連絡を、メノナイトの大野道夫先生、山出正一先生から 3/13 日付のメールで受けました。
下段の引用メール:メノナイト関係者に送信された、東部メノナイト大学(Eastern Mennonite University) の Jim Bishop さん発信を参照下さい。

(以下、岡本信子による和訳)
=========================================================

『バージニア州、ハリソンバーグ発−トム・フォックス氏(54)の訃報』 (3/12 付)

「キリスト者平和作りチーム "Christian Peacemaker Teams"」の一員だった彼が、イラクで人質となり命を奪われたニュースは、東部メノナイト大学で彼を知る者たちに、ことのほか大きな打撃を与えた。
イラクで発見された遺体は、人質となっていた「キリスト者平和作りチーム」(以下、CPT)の活動家、トム・フォックス氏であることを、3月10日にCPTが確認した。

バージニア州、クリアブルック出身のクエーカー信徒のフォックス氏は、AP通信によれば、両腕を縛られ頭と胸に銃弾を受けた状態で、3月9日にイラク警察によって発見された。その遺体が西洋人であったので、警察は、米軍当局へ現場に向かうよう連絡した。

フォックス氏は、CPTの平和活動家としてイラクに行く前に、東部メノナイト大学(以下、EMU)の「正義と平和構築センター("Center for Justice and Peacebuilding")」で、大学院課程を半年間受講している。
彼は、同じCPTの仲間のイギリス人、ノーマン・ケンバー氏(74)、カナダ人、ジェイムズ・ロニー氏(41)、ハルミート・サイン・スーデン氏(32)と共に、11月26日にバグダッドにて連れ去られた。4人は、自らを「真実の剣旅団」と称するグループに銃口を突きつけられて捕らえられ、その様子が、米軍の撤退とイラク囚人解放を訴える策としてビデオで公開された。
一番最近のビデオでは、25秒間の音声なしの場面が、3月7日にアルジャジーラ国営放送によって、フォックス氏以外の人質の様子が放映された。

EMUの「正義と平和構築センター」のリサ・シルヒ助教授は、同センターの「戦略的非暴力」のコースで、フォックス氏を教えた経験がある。彼女は、フォックス氏の死に対して次のように言った。
「深い心の傷、怒り、恐怖、悲しみが怒濤のようにあふれ出る中で、全てのイラクにいる人々の為に祈りましょう。」 「そして、そんな(感情の)エネルギーを、何かもっと建設的なものに転換できるように、自身の回復させる方法を見つけましょう。」 
同助教授は、「トムが、人権の監視と痛みの共有を通して、違ったイメージのアメリカの存在を示したいとの決断と共にイラクへ行った、勇気と希望にあふれた人であったということを心に刻んでおきましょう。」 と付け加えた。

春休みでフロリダに居た、EMUのローレン・シュバルツェンルーバー学長は、大学のコミュニティーに向けて、以下の声明を発表した。

「『キリスト者平和作りチーム』におけるトムの死は、世界中の無意味な暴力によって命を奪われた、あらゆる国の人々の悲劇を我々に訴えかけるでしょう。CPTの共同ディレクターであるキャロル・ローズ氏が、ニュースで語った次の言葉、−−−−−トムの訃報について、たとえ彼ら(加害者)が何をしたとしても、非難されたり、悪魔呼ばわりされたりする傾向に陥らないことを願います。−−−−に、心から同意します。どうか、トムの家族、同僚、友人、CPT学部のメンバーである リサ・シルヒ 他、大学と個人的に交流のあった全ての人たちの為にお祈り下さい。」と学長は語った。

EMUの「正義と平和構築センター」の共同ディレクターである ルツ・チマーマン氏は、次のように言った。
「トム・フォックス氏を含め、イラクにおける何千もの死をもたらした暴力と報復の連鎖を打ち砕く責任が我々にはあるのです。」 「その答えは、もっと多くの暴力や報復ではありません。」 「その答えは、−−−−愛と許し、正義の回復が回答であり、暴力の報復ではありません!−−−と、立ち上がって言ってくれる トム・フォックス氏のような勇気と信仰を持ったより多くの人々なのです。」

フォックス氏は、EMUの「正義と平和構築センター」で訓練を受けた2000人の平和の働き手の、公務中に殺された最初の人である。しかし、他の多くの働き手が、脅され、暴力を受けていると、チマーマン氏は言った。
EMUの卒業生たちは、フォックス氏がたどった運命に、周到な注意と多くの祈りと共に従おうとしている。チマーマン氏は、「特に、勇敢にも人質の代弁者となってくれた、イスラム教徒の卒業生と客員教授を誇りに思います。」と話した。

ソマリアの回教徒、カディジャ・オソブル・アリ氏は、2000年にEMUにて「紛争の変容(conflict transformation)」について、修士号を取得した。彼女は、仲間の同窓生にフォックス氏の訃報に際して、以下のコメントをEメールで送っている。
「彼は、宗教という名のもとに、一部の少数民族によって人質にされている我々全ての者のより良い未来への希望でした。」 「トムのために、そして彼の勇気と強い信念ある働きについて祈りましょう。彼に神様の祝福があるように。 我々が彼の意志を引き継ぎ、我々の絶望が人間として、より平和な共存へと変容するように力を与えて下さいと祈りましょう。」

EMUは、2005年11月30日と2006年1月30日に、大学内で、CTP活動家の4人の人質のために、徹夜の祈祷会をもった。 フォックス氏は、今年の2月にEMUでの講演を予定されていた。

■備考: 追加の大学の声明は、3月13日の月曜日に授業が再開された後に、EMUにて発表予定。

ボニー・プライス・ロフトン
CJP開発ディレクター、本レポート責任者

ジム・ビショップ
東部メノナイト大学
広報事務官

-----------------------------------------------

「誰にも見られてないように踊りなさい。
 永遠に生きるように夢を見なさい。
 明日、死ぬつもりで生きなさい。
 決して傷つけないように愛しなさい」

— メメ・グリフィスターズ —

====================================================

----- Original Message -----
From: Jim.Bishop
Date: Sun, 12 Mar 2006 10:45:24 CST
Subject: EMU Responds to Death of CPT Worker Tom Fox
To: <省略>

HARRISONBURG, Va. - News of the death of Tom Fox, 54, a Christian
Peacemaking Team worker held hostage in Iraq, dealt an especially
difficult difficult blow on those who knew him at Eastern Mennonite
University.

U.S. forces in Iraq recovered the body of kidnapped Christian
Peacemaker Teams activist Tom Fox, CPT confirmed on Mar. 10.
Fox, a Quaker from Clearbrook, Va., was found by Iraqi police with
his hands bound and with gunshot wounds to the head and chest the
evening of Mar. 9, according to the Associated Press. When police
saw the body was that of a Westerner, U.S. military authorities
were called to the scene, reports said.

Fox had studied one semester in EMU's Center for Justice and
Peacebuilding graduate program before going to Iraq as a CPT peace
worker. He was kidnapped in Baghdad Nov. 26 along with fellow CPTers
Norman Kember, 74, a Briton, and Canadians James Loney, 41, and
Harmeet Singh Sooden, 32. The four were seized at gunpoint by a
group calling itself the Swords of Righteousness Brigade and have
been shown in videos released by the group, which has demanded
the release of all detainees in U.S. and Iraqi prisons.

The most recent video, a silent 25-second clip that aired on
Aljazeera Mar. 7, showed all of the hostages except Fox.

Lisa Schirch, associate professor of conflict studies in EMU's
Center for Justice and Peacemaking, had Fox in her "strategic
nonviolence" course at EMU.

"May we all hold every human being in Iraq in our prayers as the
trauma, anger, fear and sadness rages on and on," Dr. Schirch
said in response to Fox's death. "And may we all find a way to
renew our own personal efforts to transform those energies into
something more positive.

"Let us remember Tom for the bravery and hopefulness that came with
his determination to be in Iraq to monitor human rights and provide
a different kind of American presence there - one that sought to be
in solidarity with the suffering," Schirch added.

EMU President Loren Swartzentruber, in Florida during EMU's spring
break for development contacts, issued a statement to the campus
community:

"Tom's death, while serving with Christian Peacemaker Teams, reminds
us of the tragic deaths of people of all nationalities through senseless
violence around the world. I agree completely with a statement from
Carol Rose, co-director of Christian Peacemaker Teams, quoted in the
news - 'In response to Tom's passing, we ask that everyone set aside
inclinations to vilify or demonize others, no matter what they have
done.'"

"Please pray for Tom's family, co-workers, friends and for CJP
faculty member Lisa Schirch and others on our campus who knew
him personally," the president said.

Ruth Zimmerman, co-director of EMU's Center for Justice and
Peacebuilding, said that "we all have a responsibility to break the
cycle of violence and vengeance that has caused the deaths of tens of
thousands in Iraq, including Tom Fox.

"The answer is not more violence, more vengeance," Zimmerman said.
"The answer is more people with the courage and faith of Tom Fox to
stand up and say, 'Love, forgiveness, and restorative justice are the
answers, not violent retribution.'"

Fox is the first to be killed in "the line of duty" of the 2,000
peace workers that have received training through EMU's Center for
Justice and Peacebuilding, but many others have been threatened and
some have been beaten, said Zimmerman.

EMU alumni have been following Fox's fate with close attention and
much prayer. Zimmerman said she is "especially proud of EMU's Muslim
alumni and visiting professors who have bravely spoken on behalf of
the hostages."

Khadija Ossoble Ali, a Somali Muslim who earned a masters degree in
conflict transformation at EMU in 2000, responded to news of Fox's
death with this e-mailed comment to her fellow alumni: "He was the
hope for a better future for all of us who have been kept hostage
by a small minority in the name of religion.

"May we all pray for Tom, for his bravery and courageous work and
may God bless him and give us the strength to succeed and transform
our despair to a more peaceful coexistence as human beings."

EMU held prayer vigils for the four kidnapped CTP workers on campus
Nov.30, 2005 and Jan. 30, 2006. Fox was scheduled to speak at EMU
in February
this year.

Note: Additional campus responses are likely to be planned at EMU
after classes resume Monday, Mar. 13.

- Bonnie Price Lofton,
CJP development director, contributed to this report. ----------

Jim Bishop
Public Information Officer
Eastern Mennonite University
Harrisonburg VA 22802
Phone: 540-432-4211
Fax: 540-432-4448
www.emu.edu

"Dance like nobody's watching,
dream like you will live forever,
live like you're going to die tomorrow
and love like it's never going to hurt."
- Meme Grifsters -


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0