So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Canon インクジェットプリンター MX923 ・・・エラー B200 からの回復 [私とMac]

Canon インクジェットプリンター MX923 ・・・エラー B200 からの回復
 
明日(7/24)に、MX923 の二代目が届くので、初代の MX923 の エラー B200 からの回復に挑戦してみました。
 
A. エラー表示・・・ B200
 これが常時出るようになると、何も作動せず、お手上げ!
MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-0.jpg
 

B. プリンタヘッドの取り外しと清掃
 B200 のエラーが出ている状態で、電源を OFF にする。
 
1. MX923 の前側
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-1.jpg
 
2. インクのカバーを開ける
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-2.jpg
 
3. 左側に収まっているインクタンクを手で右に移動する。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-3.jpg
 
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-4.jpg
 
4. インクのカートリッジを全て取り外す。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-5.jpg
 
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-6.jpg
 
5. インクタンクの手前の各インクが表示してある「バー」を手前に「カチッ」というまで引き出す。
 (これで、プリントヘッドのロックが外れます。)
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-7.jpg
 
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-8.jpg
 
6. インクタンクの奥に収まっている「プリントヘッド」を取り出す。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-9.jpg
 
・プリントヘッドの中央の板状の部分を持って、軽く引き出します。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-10.jpg
 
・上から倒れるような感じで、プリントヘッドが出てきます。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-11.jpg
 
7. プリントヘッドの黒いインクの水滴や汚れを、濡れたティッシュや綿棒などで清掃する。
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-12.jpg
 
 ・これは、2回目に引き出した状態なので、だいぶ綺麗になっていますが、最初の時は、インクでベタベタ状態でした。
 ただし、濡らしたティッシュなどで拭き取るのは、簡易清掃。
 お湯や中性洗剤で「丸洗い」や「水洗い」されている方もあります。
 
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-13.jpg
 
8. 準備完了とエラー表示の「リセット」。
 元に戻して準備「完了」です。
 そのあとに、「ストップ」のボタンを押したままで、「電源」のボタンを10秒くらい(?)「長押し」し、そのあと、両方のボタンを離します。
 これで、「エラー表示のリセット」が完了。
 
 通常のプリントができました。
  
MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-14.jpg
 

<注意と感想>

・この方法で、エラー B200 からの復帰ができましたが、それでも 時々、 B200 のエラーが出ることもあります。
 廃インクトレーがいっぱいのこともありますので、やはり、Canon に修理に出すか、新規購入が良いようです。

 この方法は、とりあえず、「エラー表示をリセット」して、どうしても印刷が必要な時のための<応急処置>程度に考えていた方が良いのでしょう。
 
 MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-15.jpg
 
MX923_プリンタヘッドの取り出しと清掃-16.jpg
 
● 私は、MX923 の同じ機種を「二代目」として Amazon から購入しました。
 現在、22,000円ほどなので、「修理」よりは「新規購入」の方が結果的に「安くて良い」方法なのでしょうね。



 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0