So-net無料ブログ作成

ピヨ鳥(ヤマハトリシティ125)のリアタイヤの交換 [トリシティ125]

ピヨ鳥(ヤマハトリシティ125)のリアタイヤの交換
 
先日、バイク屋さんに相棒の「ピヨ鳥」のオイル交換に行った折に、リアタイヤのスリップラインが出ているので、そろそろ、タイヤ交換が必要とのこと。

ピヨ鳥_2019-0708.jpg
 
その時に、「新型:2018年発売」のトリシティ125 のリアタイヤ、
R:130/70-13 (幅:130mm / 扁平率:70 / リム径:13インチ)
と同じ、幅:130mm のタイヤに交換可能とのことでした。
 
 R:130/70-12 (チューブレス)
  R---> 径:487mm(外周 1.53m)
  
バイクの自重:152Kg+ピヨ鳥のご主人(ピヨグマ)の体重:92kg ということで、トータル 約 250Kg ということを考えると、路面での接地面積が大きくなるので、130mm が良いのかも?、と思わされました。
 
バイク屋さんの担当者(店長さん?)も、通勤に トリシティ125 に乗っておられるとのことで、しばらく「ピヨ鳥」談義となりました。
(^○^)//
  
今週くらいでも、交換にと思います。
「足回り」は、大切ですね。
 
ーーーーー
 
トリシティ 125 が最初から履いてるタイヤは、
 F:90/80-14 M/C 43P TL (チューブレス)
 R:110/90-12 64L TL (チューブレス)
  R---> 径:502mm(外周 1.57m)
 
・『新型」は、リアタイヤのホイールのリム径 自体が、13インチとなっています。

F: 90/80-14M/C 43P(チューブレス)
R:130/70-13M/C 57P(チューブレス)
 
ーーーーー
 
● トリシティの125 の新型とのスペックの違い
https://原付売却.com/entry278.html
 
● 参考ブログ:リアタイヤの交換について
https://tricity125.exblog.jp/24187345/
 
=======================

=====> 結果!!

バイク屋さんから電話がありました。
詳しくチェックしてくださった結果では、今のトリシティのリム幅が、2.15 なので、残念ながら 130mm のタイヤ(リム幅:3.50)は、無理とのこと。
ちょっと、残念!!でした。
 
それにしても、メーカーで製造時、
 R:110/90-12 64L TL (チューブレス)
は、本来なら リム幅が 2.50 に入れるべきものなのに、 2.15 のリムに入っているとのこと。
2.50 だったら、+- 0.5 で、130mm も装着できたかも??
 
新型のトリシティ125 で、
R:130/70-13M/C 57P(チューブレス)
 
に変えた理由がわかったような・・・・。
 
(T ^ T)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク