So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
「能勢川バイブルキャンプ」の自然 ブログトップ
前の10件 | -

『長尾山の虹』 [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

『長尾山の虹』
 
NHK神戸放送局の「ひょうごフォトコレ」に掲載されました。
ノアの箱舟のメッセージもそのまま掲載されて、感謝でした。
 
写真を改めてよく見ると、上の方に色の順番が逆の「副虹」も写っていました。
「二重の虹」が出現していたことは、撮影している時には気づきませんでした。

長尾山の虹_NHKひょうごフォトコレ_2016-0831<最終>.jpg
 
http://www.nhk.or.jp/photocolle-blog/1000/1100/251531.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

フキノトウが咲きました! [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

『フキノトウが咲きました!』
 
フキノトウの開花_2016-0227_Piyo.jpg
 
 
撮影日:2016年2月27日(土) 午後1時
場 所:川西市西畦野 能勢川キリスト教会
 
毎年、イカナゴのシンコ漁解禁の頃に開花するフキノトウ。
今年も、キャンプ場の山際で、大きなフキノトウがあちこちに顔を出しています。
教会学校の子どもたちも、大喜びで見つめていました。
 

  

『キャンプ場の日の出』ー梅雨明け宣言ー [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

『キャンプ場の日の出』ー梅雨明け宣言ー
 
NBCの日の出_2014-0721.jpg

本日(7月21日)、近畿地方は「梅雨明け」となりました。
近畿地方の梅雨明けは、平年並みです。

以上、能勢川バイブルキャンプの「天気予報官」、<クマさん、プーさん、ひよこさん>の IGUSA さんによる、「梅雨明け宣言」でした。
(元、豊中市立第二中学校の気象クラブ員)

中学、高校時代は、NHKラジオ第二の気象通報を聞きながら、天気図をよく書いていたものです。

今日一日の皆様のお働き、お仕事の祝福をお祈りいたします。
(そして、良き休日を!!)

撮影:2014-0721 AM.6:00

---------------------------------------------

本日(7/21)の午前11時に、近畿地方の「梅雨明け」が発表されたとのこと。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140721/t10013164971000.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野生の紫陽花(アジサイ) [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

野生の紫陽花(アジサイ)
 
能勢川バイブルキャンプの礼拝堂前の「白花小紫陽花(シロバナコアジサイ)」が咲き出しました。

白花小紫陽花_2014-0502_IMG_9338.jpg
 
蕾は薄いピンク色ですが、満開になると純白のブーケに見えます。
日本の固有種で、紫陽花(アジサイ)とはちがって装飾花がありません。
小さな花束で木漏れ日の光でとても美しく見ます。

白花小紫陽花は、青みがかった花や白い色の花のものはよく見かけますが、キャンプ場の礼拝堂前のこの花は、少しピンクがかっているのがとても良いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「コバノミツバツツジ」が満開!! [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

「コバノミツバツツジ」が満開!!


コバノミツバツツジ満開_2014-0423_IMG_9036.jpg


教会前の駐車場の角で、「コバノミツバツツジ」が満開です。

ピンクがかった赤紫の花の色は、「清楚で華やか」です。

『賛美の年=2014年』の象徴のように感じました。


場 所:川西市の北部、能勢川バイブルキャンプの入り口付近
   (能勢川キリスト教会の駐車場の角)
撮影日:2014年4月15日 11:53



受難週の蘭の花 [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

『受難週の蘭の花』

4月20日(日)のイースター(復活祭)の前の「受難週」に、今年も教会学校のエルサレムの部屋の前で、野生のランの花、春蘭(シュンラン)が咲いています。
十字架の形と、「友」のために流された救い主イエス・キリストの血潮を思わされます。
 
受難週の蘭の花-聖句絵はがき-b_2014-0415.jpg

 
イースターが3月の年でも、4月の中頃の年でも、その時期に「春蘭」が咲いているのは、チョッと不思議な気がします。
四本目の十字架は、「私」自身のような気がしました。

---------

私はキリストとともに十字架につけられました。
もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。
いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
(ガラテヤ人への手紙 2章20節)

---------

(写真:2014年 4/15 13:43 撮影)
場所:川西市の北部、能勢川バイブルキャンプの入り口付近。
   能勢川キリスト教会の一階の部屋の窓の外(山の斜面)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アーモンドが開花しました! [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

『アーモンドが開花しました!」

能勢川バイブルキャンプのグランド整備に伴い、昨年秋に能勢川キリスト教会の新スロープ脇に移植した8本のアーモンドの苗木。
ピンクの大きな花が咲き出しました。(開花日: 3/29)

アーモンドの開花-A2.jpg

アーモンドはヘブル語では「シャケデ」と言い、「見張る/目覚る(シャカデ)」と同根のことばです。救いと回復の実現を見張る神ご自身を示す、心強い「門番の花」なのです。

エレミヤ書1章11〜12節。

「エレミヤ。あなたは何を見ているのか。」
そこで私は言った。
「アーモンドの枝を見ています。」
すると【主】は私に仰せられた。
「よく見たものだ。わたしのことばを実現しようと、わたしは見張っているからだ。」

アーモンドの花_2014-0401.jpg


<写真・撮影日>
上:2014-0331
下:2014-0401
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

河川敷の梅が開花しました! [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

河川敷の梅が開花しました!
 
河川敷の梅の花_2014-0317.jpg

一庫大路次川(旧名:能勢川)の河川敷の梅が開花しました。

この梅は、2003年の3月に、河川敷の薮の中で数個の花が咲いているのを見つけ、周囲の薮を伐採し育て始めました。
11年経過し、だいぶ大きくなりました。
台風時など増水して一庫ダムが放水すると、完全に「水没!」します。

今年は、濁流に流されないで梅の実が採れますように!!

「受難週」に咲いた春蘭(しゅんらん)の花 [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

「受難週」に咲いた春蘭(しゅんらん)の花
 
春蘭_2012-0406.jpg
 
今週は、イエス・キリストが十字架で私たちの罪のために死なれた「受難週」です。
そして、今日はキリストが十字架に架かられた、金曜日。
毎年、この頃、能勢川バイブルキャンプでは「春蘭(しゅんらん)」の花が咲きます。
(「春蘭」とは、野生の蘭の花のことです。)
今年の最初の春蘭の写真(本日撮影)は、4/3(火)の春の大嵐「春嵐(しゅんらん)」直後なので、汚れています。私たちの罪の汚れを受けられたイエス様のようです。
この春蘭の葉は、昨年の秋に間違われて草刈りされてしまっていました。
 
<*本日、短歌の会「ちぬの海」の5月号ために送った7首のうちの一つ。>
 
 受難週春嵐一過のキャンプ場春蘭は今十字架に咲く 

桃栗3年「柿」16年!! [「能勢川バイブルキャンプ」の自然]

桃栗3年「柿」16年!!

IMG_3068.jpg

苗木を植えて16年目に初めて、12個の柿が実りました。キャンプ場の教会(能勢川キリスト教会)に転任するにあたり、土山キリスト教会の姉妹のご主人が下さった苗木です。「桃栗3年柿8年」というけれど、16年目の収穫です。
さっそく、本日(10/19)の「ホサナ会:70歳以上の集い」でいただきました。
ちょっと固めの「忍耐深い?」味でした。
先日食べてみた、完熟した柿は、とても甘かったです。

柿の木が植わっている場所です。教会の一階ホールからよく見えます。

IMG_0038.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 「能勢川バイブルキャンプ」の自然 ブログトップ